コロナ禍にこそ中小企業診断士の実質独占業務を(前編)

中小企業に大きな影響及ぼす、”コロナ禍”という外部環境の変化が起きました。新たな事業機会を得る中小企業もあるかと思いますが、支援が不可欠な中小企業の方が圧倒的に多いのが現状です。この状況下で、支援を求める中小企業と中小企業診断士は一体どのように連携できれば良いのか。「コロナ禍」x「中小企業」x「中小企業診断士」の組み合わせから見えてくる、中小企業診断士の役割について考察します。

コロナ禍:中小企業にとって"急激な"外部環境の変化

COVID-19(新型コロナウイルス)の影響は、ウイルス自体が持つ特性によって、非常に短期間かつ広域に甚大な影響を与えています。地域や国により経過は異なっていますが、第二波への懸念もあり、収束する時期については残念ながらまだ見通せません。その影響は健康被害だけに留まらず、大きくは①市場の縮小・②事業活動の制限、という二つの重なる要因で、中小企業に深刻な経済的被害を与えています。

中業企業にとっての事業環境の悪化

  • ①市場の縮小:観光客・顧客の急減、取引先企業の経費削減等、多くの中小企業にとって市場が急激に縮小している
  • ②事業活動の制限:政府や自治体からの要請や、従業員の安全確保を目的として、要員・行動(例:Social Distancingの確保)を急に制限したり、リソース不足で要請に応じた事業活動ができずに休業したりしなければならない

特に、コロナが持つ拡散・影響のスピードこそ、中小企業にとって過去にない深刻な困難に繋がりやすい特徴です。例えば運転資金や雇用維持を考えた場合、ある一定の時間の中で発生する「顧客・市場の特性が変化して、売上が以前より悪くなった」という状況と、コロナ禍における「ある日、突然売り上げがゼロになった」という状況を想像すれば、後者が如何に深刻であるかが分かります。

コロナ禍にある中小企業は、スピード感のある対策・支援を求めていると言えます。倒産・廃業・従業員の解雇を回避する上では、キャッシュの確保が最優先課題となる為、政府や自治体が準備する補助金や給付金を如何に速やかに中小企業に提供できるかという課題の解決が重要です。

中小企業:経営層の高齢化とITリテラシーの不足

COVID-19による全国の倒産件数は累計120件(2月末-5月7日迄の期間・東京商工リサーチ調べ)となっていますが、様々な手続きが制限されているこの状況下では、現実をとらえきれていない可能性が高く、またこの数値は確実に増加していく傾向が予測されます。

またコロナ禍以前から、中小企業の「経営者の高齢化」・「後継者の不足」という課題が指摘され続けていました。中長期的な視点では、雇用維持や社会的な事業価値を損なわないように、事業承継やM&Aが対策の例として中小企業白書等で示されています。ただ短期的な視点でみた場合、経営者の高齢化は、一般的には企業としてのIT投資やITリテラシーの不足にも間接的に繋がっていると感じています。

このことは、事業のインフラとしてITの活用が不足しているという”会社レベル”の課題に限らず、経営者自身がITに不慣れで情報面で不利な立場にあるという”個人レベルの課題”でもあります。具体的な例は、中小企業や個人事業主を支える現金給付策である持続化給付金を申し込もうとした際に、「補助金や給付金を直ぐに得たいが、オンライン申し込みができない」という声です。

 

ITリテラシーの不足は「中小企業の基礎疾患」

  • 特に経営者の高齢化に悩む中小企業は、ITリテラシーの不足という(企業としての)基礎疾患を持っている可能性がある
  • この企業としての基礎疾患がある場合、スピードが求められるコロナ禍においては、コロナによる環境悪化が致命傷となりかねない

限られたリソースで短期間に課題を解決するには、ITの活用が不可欠となるケースが多いのですが、中小企業そして経営者のITリテラシーの不足は、特にスピード感が必要なコロナ禍のもとでは、致命傷になる可能性があります。こういった高リスクの中小企業を支援する為には、ITリテラシーの不足を補う支援が重要なポイントになるのではないでしょうか。

外部環境の急激な変化であるコロナ禍においては、スピード感のある対策・支援が求められており、一方で特に被害を受けやすい中小企業を優先的に支援しようとする場合、ITリテラシーの不足を補う支援がより有効であると考えます。

それでは、中小企業の支援をミッションとする中小企業診断士は、この外部環境(コロナ禍というThreat)と内部環境(ITリテラシーの不足というWeakness)が交差する状況において、どのように支援策を得られれば良いのか。後編においては、中小企業診断士という資格自体が抱える「独占業務を持たない」という長年の課題を踏まえながら、少し具体的な提案をまとめてみたいと思います。  ※後編へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください