1次試験科目 「財務・会計」概要

 中小企業診断士試験において、企業経営理論と同様に1次試験・2次試験を通じて重要な科目である財務・会計についてまとめます。企業経営理論に比べると、この科目は受験者の業務内容や経験によってスタート地点が大きく異なる科目だと思います。金融機関に勤務されている方や、経理部門等で普段から”お金”に関わる管理部門等に所属されている方にとっては、得点源にできる可能性が高い科目ですが、技術職のように”お金”とは距離がある業務をされている方や、初めて財務・会計に触れる学生の方などにとっては、得点源にするまでに時間と経験を要します。
 
財務会計の概要


 
「簿記の基礎・企業経営の基礎・原価計算」の内容
 簿記検定試験で求められるような簿記の基礎や財務諸表の成り立ちに始まり、会計の基本的な計算ができるかどうかを財務諸表の穴埋め式問題や前提となる数値から計算する力を試されます。原価計算では製造原価を算出する方法や種類等を理解しておく必要があります。
 
「経営分析・利益と資金の管理・CF・資金調達と配当政策」の内容
経営分析は企業の財務諸表の数値から定量的に企業の状態を判定する為の様々な比率計算(ex.経常利益÷売上高=売上高経常利益率)を覚えて計算できるかどうかを確認する問題などが出題されます。これらの計算は2次試験の事例IVにおいても例年最初の設問として経営分析の計算と筆記による対象企業の状態記述が出題されるので、特に繰り返し覚えておくべき事項になります。また、中小企業においては生命線である運転資金の管理に関する知識や計算が問われる項目が、「利益と資金の管理・CF」です。キャッシュフロー計算もまた、2次試験の事例IVで出題される為、計算する力を維持しなければなりません。資金調達と配当政策では、企業が事業運営の資金を調達する際に必要となるコスト算定方法や適切な方法を選択するための知識を確認されます。
 
「投資決定・証券投資論・企業価値」の内容
これらの項目は主に、投資する立場において必要となる知識を問われる項目です。あるプロジェクトや事業を計画する際に、回収される金額や投資額をもとに投資するかしないかを判断するNPV(正味現在価値)を見積もったり、企業を買収する際の企業価値の算定方法などを覚えます。
 
「デリバティブとリスク管理」の内容
デリバティブ(金融派生商品)の活用やオプション取引など、為替変動や将来のリスクに対して行う対策に関する知識を問われる項目です。この項目も2次試験の事例IVにおいて登場する為、イメージ図と計算方法をセットで記憶していくことをお勧めします。
 
 
「財務・会計」は2次試験 事例IVの基礎知識
当然1次試験でも計算スキルが求められますが、とはいえ選択式なので正解を選び取ることができれば良いことなります。しかし、この科目は上記に述べた通り、2次試験の事例IVを解答する際に基礎となる部分ですので、最終的には2次試験の事例IVにおいて計算の過程を記述して数値を算出することまで求められます。ですので、時間を意識しながら解答できる安定したスキルを習得することを目的として、一日に一問ずつでも計算をする習慣をつけることが効率的な対策に繋がると考えています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください