資格試験の勉強に着手する前に

2009年にはじめて中小企業診断士の試験を受験しました。

それまで10年近く、海外志向が強いエンジニアとしてキャリアを積んできた中で、どこか自分の仕事への不満や転職への関心などが高まった時に、「転職やキャリアに有利になる資格が欲しい」と考えて安易に飛びついた資格でした。一度で合格はできないかもしれないけど、数年努力すればなんとかなるはずと甘く考えていた頃です。いわゆる”ステータス”としての資格です。

そして無事に試験に合格したのが2015年。これだけ時間がかかってしまうと合格の喜びの裏には、教材や予備校の費用、家族への負担や後回しにした交友関係など、悪いことも随分と大きく膨らみます。毎年毎年、年間数百時間を学習に費やしましたが、実はそれらの時間は本来もっと有効に使えていたのではないか?とも思います。

 

【資格試験勉強前の下ごしらえ】
1. 取得する資格で「実現したいこと」が何かを考える
2. 自分が「差し出す時間」をワーストケースで試算する
3. 「差し出す時間 << 実現したいこと」であれば着手する

※3.をイメージしてためらう場合はまだまだ”安易に着手”している状態

 


 
どの資格試験も短期間で受かる方々は常にモチベーションのコントロールが上手く、毎日の学習時間を維持できることが特徴ですが、その源泉には明確な「取得目的=実現したいこと」があると感じます。資格取得に着手する前に、やる気や動機を検証するセルフチェックを行うことで、プライベートや仕事に打ち込む貴重な時間を無駄にせずに済むのではないかと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください