経済活動が生じやすい国 アメリカ

 日本を離れたことで、中小企業診断士としてのキャリアを積む為の副業を休止している代わりに、ビジネスや経営という視点から、アメリカと日本の違いについて感じたことを少しずつまとめていこうと思います。初回のテーマは、アメリカでの日常生活の中で感じる日本とアメリカとの違いについてです。タイトルには、「経済活動」と書きましたが、言い換えると「アメリカには、日常生活の中のいたるところで、お金の流れが生じやすい。さらにそれを支える仕組みやインフラが整備されている」という点について述べます。
 
 
アメリカの支払い・決済方法の特徴
 アメリカで生活を始めると、ほとんど現金を使わなくなります。その代わりにある程度の少額な支払いには、クレジットカードかもしくはデビットカードを使用することになります。クレジットカードは、日本に比べるとカード発行の敷居が高く、クレジットヒストリーとして一定の収入実績や支払い実績等がなければ、ほとんどのカード会社ではカードが発行されません。さらに、車や高額なモノを購入する際には、キャッシャーズチェック(Casher’s Check,もしくはバンクチェック等とも呼ぶ)と呼ばれる銀行が記載した銀行振出の小切手を使用する事が多いです。日本は、現金そのものの信用力が非常に高いこともあり、現金が基軸となって他の支払い方法が派生している感じですが、一方でアメリカでは、その個人がどのくらい信用できるかという部分に焦点が当たっており、金額規模やリスクに応じた支払い方法が準備されている印象です。
 
 クレジットカードや小切手という仕組みそのものは、アメリカでは随分と昔から用いられてきた支払い方法ですが、近年のアメリカでは、その後ITの普及により、これらの従来からある支払いや決済の仕組みが結びついたことで、「お金の流れ」を従来よりもさらに簡単かつ迅速にできるようになってきていると理解しています。日本でも最近は、PayPayの100億円キャンペーンなど、キャッシュレスを推進するアクティビティが盛んになっていていますが、現金の信用力が低い中国に比べると、日本でのキャッシュレスの普及は限定的に思えます。アメリカでも、おそらくは中国のバーコード決済ほどの簡便性を得るところまではまだ進んでおらず、店舗でのカードによる支払い時には、カードチェック+サイン(電子もしくは紙)という組み合わせでの決済が未だに主流です。ネット上で物を購入した際の決済については、基本的には日本とあまり変わりません。
 
 
アメリカではサービスに対する支払い機会が多い
 チップの支払いは一つの分かりやすい例です。通常、各テーブルに担当のフロアスタッフがついてサービスをしてくれるレストランでは、食事に費やした金額の15%~20%程度をチップとして支払います。もともとの食事の単価も比較的高めですが、日本の税率の2倍以上ですので、これだけの比率になると食費に与える影響は非常に大きいです。食事以外にも、何らかの支払い(トランザクション)が発生した際に、不動産会社や仲介業者等が関わっている場合などはサービス料として一定のパーセンテージを上乗せしてチャージされます。病院では、通常の時間内の診療では、保険によりカバーされるような内容であっても、夕方以降の診療を予約すると数十ドルがかかるなど、①支払い対象そのもの意外に、関わった企業や人に対するサービスへの支払いが追加される、②通常とは異なる場合(提供者側の負担が増える場合)に追加的な支払いが必ず生じる という点が、日本に比べるとより徹底されていて、顧客が追加的な支出をする場面や理由が非常に多い気がします。


 
顧客の心理的負担が少ない支払方法・ITインフラの存在
 日本とアメリカでITインフラの技術レベルに圧倒的な違いがあるとはあまり思いませんが、ITインフラの普及のレベルには大きな違いあると思います。これは供給者側に関するITの普及率に限らず、使い手側のITの普及率についても言えます。ある程度高齢の方でも、iPhoneやPCを使いながら、社会に浸透しているITインフラの恩恵を享受できている印象です。支払いや決済においても同様であり、払う理由や意思があれば、直ちに支払いができる仕組みがITにより隅々まで整備されています。例えば、高校のドラマクラブ(演劇部)の公開舞台のチケットの案内が学区内の保護者に向けてメールで届いたりしますが、そのメールのリンク先を辿るとチケット購入・決済まで1分もかからずに終えられます。
 
 
 このように、「顧客が追加的な支出をする場面や理由が非常に多い」状況と、「払う理由や意思があれば、直ちに支払いができる仕組み」が上手く機能して、結果としてアメリカでは、日本に比べると経済活動が非常に生じやすい場面が多いと理解しています。企業の立場で見ると、アメリカの方がビジネスは行いやすいとも言えますが、生活をする側の立場でみると、アメリカは非常にお金がかかる国だと言えます。

 もう少し掘り下げて分析する必要はありますが、日本の中小企業の経営や事業運営において、収益化が上手く行かないというような課題に直面した際のヒントも、こういった日米の違いの中にあるような気がしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください