口述試験について

2次筆記試験を無事に通過すると大きな達成感が得られますが、喜びもつかの間…口述試験があります。
いわゆる面接の形式で、合格率もほぼ100%という状況ですので、客観的にみるとあまり大きな心理的な負担にはなりません。ですが、実際に2次筆記試験が合格しておきながら、まだ「中小企業診断士の試験に受かった!」とは言えないもどかしさと、ひょっとすると、ものすごく小さな確率で自分自身が口述試験の不合格者になってしまうのではないかという不安な日々が続きます。
 
口述試験は通常12月に行われ、2名の面接官を前に2次筆記試験の問題となった事例を前提に、質疑応答形式で実施されます。おそらくは、受け答えやコミュニケーションができるか(通常通りの意思疎通が図れるか)という点などを確認されているのだと思いますが、予備校の想定問答集などを取り寄せたりして、相応の対策をしてのぞむのが無難です。
 
ポイントというほどのものではないのですが、沈黙を作らずに質問にはできるだけ的確に答え、もし万が一わからないとしても、手元にある知識や前提条件の追加確認などを行いながら、会話を成立させることが必要だと思います。
 
口述試験が無事に終われば、あとは合格発表を待つだけ。
私の場合は、実務補習について調査したり、合格発表後に取り組みたいことの計画を立てながら、このもどかしい期間を過ごしました。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください